スポンサーサイト

  • 2016.06.17 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    プロポリスの選び方

    • 2015.05.28 Thursday
    • 18:52
    プロポリスの選び方がよくわからない、
    そんな人が大多数だと思います。
    それもそのはず、とにかくプロポリス製品は
    沢山ありすぎて、どれを選べばいいのか、
    判らなくなってしますのです…


    プロポリスは食品として人の口に入る商品
    ですので、名称・原材料名・内容量・製造所
    輸入業者名・規格成分・成分の含有量が明確
    になっている商品を選ぶのは当たり前です。


    そして何よりも、細かい内容や飲み方などに
    ついて問い合わせをしてみて、納得のいく
    対応や返答をしてくれる販売者であることは
    口から体の中に入れて、健康を期待して飲む
    のですから、最低必要条件です。


    ところで、日本ではブラジル産のプロポリス
    が多く販売されていますので、ブラジル産の
    プロポリスの安全で最低限必要な品質の
    プロポリスを購入する際の基準を説明して
    いきたいと思います。


    まずプロポリスは食品ですから、海外から
    日本に輸入する場合に、厚生労働大臣への
    「食品等輸入届出書」という書類が必要で、
    それに基づき、ブラジルからの送り状や
    (インボイス)、検閲、税関などの厳重な審査
    を通過して、さらに農薬などの危険な物質が
    混入していないか、日本国内の公的機関で
    厳重な食品検査をして、合格してからやっと
    「輸入許可通知書」が発行され、日本国内
    での販売ができることになります。


    でも正式な輸入に必要な手続きを経ないで、
    いわゆる“密輸入”の形で、日本国内に原塊
    を持ち込み、日本国内で抽出・製造されて
    いる場合もある、という実情があります。


    人の口に入る食品として、公的な機関での
    チェック(有害物質、農薬混入検査など)が
    されていないわけなので、どんな有害物が
    含まれているかもしれず、健康の問題として
    も重要ですし、正式な輸入として関税を納入
    しないのも、プロポリスを販売する企業と
    してのモラルも問われます。


    そういう業者が多くなると、プロポリスに
    対する信頼までも失くしてしまうことになる
    ので、重要な問題です。


    ところで、出荷側のブラジルでも、正規に
    輸出許可や証明がおりるのは、ブラジル政府の
    農務省が設けた品質保証規格に合格して、
    工場設備や衛生面の基準がクリアされていると
    いう証明書、「S・I・F」(シフマーク)を取得
    している製造メーカーだけです。


    この「S・I・F」マークを取得するには、
    医薬品製造工場並みの衛生管理が徹底されて
    いて、日本でいう「薬剤師」の資格を持つ
    責任者が必要で、さらに定期的に監査が入って
    当局から検査を受ける必要があります。



    この「S・I・F」マークを許可されている
    製造メーカーが製造したかどうかは、
    日本の消費者にとっては、安全衛生上の重要な
    判断基準になります。


    ブラジルの現地で、日本の消費者に直接郵送
    しているプロポリスだといって、民家の土間の
    上に並べられた空瓶を利用して、プロポリスを
    製造している現場を何回か見かけたこともあり
    ますが、そんな非衛生的な環境で作られた
    プロポリスを飲むと思うと、ぞっとします…


    こうしたことを考えると、「S・I・F」マークの
    有無はとても重要だと思います。
    「S・I・F」マークがあるからといって、品質が
    高いプロポリスというわけではありませんが、
    衛生的な環境で作られていることは保証される
    ので、少なくとも人体に害は有りません。


    プロポリスはたいへん高価なものなので、
    少しでも安く買いたい人もいるとは思いますが、
    安価なものには、このように品質や安全性に
    疑問符がつくものもあるのです。


    プロポリスを購入されるときは、
    最低限「S・I・F」マークを確認して購入する
    ようにしましょう。